忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

議員ブログ


アメーバブログを見ていて、気付いたことがあります。それは、議員のブログが増えたこと。ネット選挙解禁に向けての動きが活発化していますね。前までは有名な議員のブログしかなかったのに、昨日の時点で知らない議員のブログが数件増えていました。しかも増えているということに気付くくらい議員のブログが多かったのです。ネット上を検索してみると、同じように感じている方がいました。議員ブログがまた増えているとブログに書いている議員の方がいました。ブログで情報発信するのは合理的だと思います^^。最近では見かけなくなりましたが、よく駅前でマイクを使って話している議員の方がいました。暑い日も寒い日も。ですが、朝の通勤時間帯、みんなが一番忙しいときに、いくらマイクで訴えかけても、情報発信しても誰も足を止めないし聴いてくれることはありません。ブログで情報発信すれば、興味のある人に読んでもらうことが出来、訴えないことが分かってもらえますしね^^。

サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制

催眠で退行して過去の出来事を思い出すサービスページ
退行 催眠

ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
SEO集客アップの4要素。「安定1位表示の3要素」+「コンテンツの量」
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化、共通部分は営業に最適化
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
PR

アドセンス


Web広告で有名なGoogleアドセンス。このGoogleアドセンスをうちは意外なところで発見しましたよ。パソコンで見ていて意外なところでGoogleアドセンスを発見したのですが、タブレットで見てみたら、タブレットには表示されていませんでした。どうやらパソコンでアクセスしたときにだけ、その意外なところにGoogleアドセンスが表示されるようです。そのGoogleアドセンスが表示される意外な場所とは、yahoo!メールの受信メールのフォルダの各メールのページに細かく控えめに表示されていたのです。びっくりしました、うちが気付いたのは今日ですが(2月9日)、いつから表示されていたのだろう。yahoo!メールの画面のアドレスの付近に細長く文字も小さめに表示されていました。なぜこんな目立たないところに表示させるようにしたのだろう。そこがなぞ・・・^^;。広告収入がほしいのになぜにあんな目立たないような表示なのか・・・。

ヒプノを用いたカウンセリングサービス、池袋店HP
池袋 カウンセリング

コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
画像リンクを増やす
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム

公式


とりあえずアメーバブログを見ていて思ったというか気付いたことなのですが、たまにごく一般の人でしょどう見たってって言う人のブログに「オフィシャル」と表示されているということがたまにあります^^;。本気なのかギャグなのかは分かりませんが、現実にあるのです、一般人のオフィシャルブログが(笑)。だからといって書いている内容は普通の人が書いているような内容です。今日は何をした、ここに行った、○○食べたなどなど日常の些細なことを綴っています。なぜ「オフィシャル」と表示させているのだろう・・・。なぞ。受け狙いなら大好きです(笑)。そして調べてみました(笑)。やはり同じことを思っている人が知恵袋に質問していました。回答には、書き手の公式ブログなのだから、間違っていないということでした。オフィシャルブログと表示するのはその人の自己満足でしょうから、広い心で見てあげてくださいとありました^^;。なるほど、そっか、じゃあ広い心でブログを読むことにしよう(笑)。

グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
「被リンク=負荷」。過剰に負荷かけるとURLは一時的に順位ダウン。負荷微調整なくしてURL育たず
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か